【人材育成】部下が辞める時の理由

人材育成

給料が安い。思った仕事と違った。人間関係が嫌。などなど、仕事を辞める理由は一杯あります。

『前職の仕事は営業です。営業がしたくて入社しました。』

期待して採用、前職とは畑違い過ぎる仕事。大丈夫かなぁ?と思っていたけど想像以上に出来が悪った。しかし、初めから出来る天才はこんな所にいないはず。知らない事が当たり前と考えて、どんな部下でも仕事が出来るように教えなくてはなりません。仕事を覚えて成長してもらわないと、会社側も困ります。給料払っているので見合った売上を1日でも早く稼げるように教えます。嫌かも知れませんが、出来ていなければこっちは注意、指導を続けなければいけません。会社のレベルが落ちるからです。この言い続ける難しさって分かりますか?

自分自身のレベルと中身

新入社員は営業経験があると自信満々です。前の会社でどれぐらい売れて、新規もどれくらい獲得出来たかは分かりませんが新しい店では1からの始まりです。『俺は出来る!』と、最初からプライドをもっていると、仕事の吸収が遅くなり周りからの評価も落ちてしまいます。初心に戻り良い部分の勉強と復習の気持ちで先輩上司からの教えをしっかりと聞く事をオススメします。

注意した事の大事さ

店の方針として『人から頼られる中身のある人間』を育てると同時に、売れる営業マンを育てる事を上司は一番の理想としています。しかし、基本中の基本で使ったら出したまま。商品知識が少ない為、勉強するように促しても出来ていない。伝票の計算間違い繰り返す事の指摘。戸締まりが出来ていない事を注意。性格なのか指導しても、なかなか響かないのはどうしたらいいのか?やる気はあるのか?言い過ぎてパワハラになってもいけない。本当に人に伝えるのは難しいと思います。部下はいつ気付くのでしょうか?上司から言われている内が花だと。

自分で考える。

売りたくても売れない。何故売れないかは自分で考えないと成長はしません。
商品知識が少ないのに、自分が売りたい物だけをすすめるのはいかがでしょうか?自分より相手の方が商品詳しかったら買う気おきません。もっとカリスマ定員にならないと、オススメした物は売れないでしょう。
知らない分からないを覚えようとしてもなかなか覚える事は出来ません。仕事で一番興味のある事から勉強を始め経験を積んでいく。それが相手にも話しやすく頼られる近道かもしれません。1日でも早く人に聞かれた事は不安なくなんでも答えれる様に。質問された事は相手の気持ちを汲み取って返答出来るようになれば、少しずつでもお客様はついてきます。その積み重ねが毎月の売上にプラスアルファされて伸びていきます。
営業に出れるようになる前に、今の自分の出来るレベルを考えて仕事の把握をする事です。

ちょっと出来るからと頭でっかちで入った社員は、前の仕事とギャップとで大変な事は一杯あります。

売上が毎月達成出来るスタッフが何人も居ればとても嬉しいですが、売るだけで回りの事を考えれない人を育てたくありません。自分だけではなく部下が会社を辞める時は少しでも働いて良かったと思って欲しいものです。失敗は誰でもするものであり、同じ事を繰り返さないように工夫するのが普通。人として人間性を上げる。当たり前の事を当たり前に出来る。それが出来るように注意する。ここで働いてきた事が次の仕事で役立てばいいと思います。特に性格的に出来てなかった所は自分で見つめなおして、次に進んでくれたらとても嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました