【人材育成】何故伝わらない。何度言っても出来ない部下。言われてる内が花。

人材育成

近くに何度言っても出来ない部下いてませんか?

簡単な事や、基本的な事、出来てて当たり前の事なのに出来ない。何故なんだー⁉って悩んでしまいます。こっちは出来るまで言い続けないといけないのも辛い。
その場だけでも素直に聞いてくれればかわいい者ですが、注意を受けて「又、かよって。」ちょっと顔色を変える部下「何を考えてんねん」って言いたくなりますよ!

言いたい事が伝わっていない。

上司と部下、働いた年数・経験値は全然違います。もしかしたら言いたい事が伝わっていない。専門的になり過ぎて理解が出来ていない。そんな可能性もあります。
上司は新人の時を思い出して、あの時の同じ目線で接する事を考えてみましょう。
時間はかかりますが、ため息を抑えながら少しずつ少しずつ教える。

注意を受けた箇所だけの訂正。

数ある中で、他も手直しをするだろうと一か所を注意した。部下は注意した箇所だけの訂正。何故、他を確認しないんだと考えてしまいますよね。
手前だけを見て、全体を見ない。
経験値の差か、もともとの性格か?

今はそれでいいかもしれないが、ミスをされては困る。

教えて貰っていない。聞いていない。等の責任逃れが始まり、会社に大きなマイナスを出してもらっては本当に困る。部下が出来て同じような人間が出来てしまっても困る。

本当の正解はわかりませんが、会社の上司として自分の考えを言い続けるしかありません。
頑張っていきましょう。


昔は上司に、もう嫌と言う程言われ続けてきて体に染みついている事が今の世代にはわからない時代となってしまいました。

パワハラにならないように、引き際に注意。

タイトルとURLをコピーしました